-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-19 22:55 | カテゴリ:サイクリング
まだまだ暑い日が続きますねぇ。
少しでも暑さを避けるために、早朝から山方面へGo!
どこへ行くとも決めてませんが、「午前中走ってくるわ」とだけ告げて、今日は八頭の家内の実家を出発です。

若桜の道の駅で突如思い立ってヘキサゴンレンチを取り出し、ブラケット角度を微調整します。この微調整が意外に良かったのか、なんだかしっくりくるような気がして、気持ちよく戸倉峠を越えます。

朝の新戸倉トンネル兵庫県側。
基本的にトンネルは苦手なんですが、暑い時期はいい休憩になりますね。トンネル抜けるとダウンヒルが待ってますし!
IMGP1317.jpg

一気に下って引原ダムへ。
橋で写真撮ってみましたが、もうひとつのカラウコ大橋ってのが有名みたいですねorz。もう一度来ねば。
IMGP1318.jpg
IMGP1320.jpg

ブログタイトル画面と同じ場所でもう一枚。夏はやはり緑が濃いですね。右に見えるのがカラウコ大橋です。
IMGP1327.jpg


道の駅はがに到着し、さてこれからどうしようか思案します。時刻はまだ10時前。行っちゃいますかぁ!
実家に昼食は要らない旨を告げ、スイカバーとボトルを補充して更に下ります。


国道29号を道なりに下り、ここで右折して国道429号へ。
ここまで来れば、ベルピール自然公園を経由しての智頭越え確定です。
IMGP1329.jpg

千種地方へ向かって緩やかな坂を上っていきます。周りを囲む山は何気に1000m級なんでしょうね。
IMGP1337.jpg

鳥ヶ乢(とりがたわ)トンネル
暑いなあと思ったところで具合よくトンネルが現れ、そこから少し下って千種中心部の商店街へ。
IMGP1330.jpg


商店街出口付近にあるコンビニで補給して、志引峠、ベルピールと一気に上ります。
ここで補給しておかないと、次は粟倉のファミマまで補給は難しいです。といっても買ったのはこの程度www
IMGP1335.jpg


志引峠、下ったことはありましたが、上るのは初めてです。こんなに素晴らしいとは・・・!!!
勾配はややきつめですが、ほぼ一定の斜度が続きます。
杉林の木陰を、幾重かのつづら折れを縫って峠の頂上を目指します。
途中でおもむろにカメラを取り出し、振り向いて一枚撮りましたがおいしいところはもう過ぎてました。
見通しの良い杉林からは次のコーナーが見渡せます。路肩がちょいと苔むしてたりして、明らかに山陰の山道とは違う風情。
写真が拙くてうまく伝えられませんが、ほんとに上って楽しい峠です。
IMGP1338.jpg

志引峠を上り切ると、続けてベルピールへの道が。
上り自体は志引峠の延長みたいなものですが、看板にある「この先1km」を信用してはいけません。
平均勾配10%程度の上りが1.8kmほど続きますので。
初めてここを上ったときは、なかなかたどり着かなくて心折れそうになりましたwww
IMGP1339.jpg

ベルピール自然公園からの眺望。
昔家内とデートで来たこともありましたが、野郎一人で来るのもいいものです。
ドラクエ世代なんで、ここへ来るとなぜか人里離れた修道院を想像してしまいます。ヘンリーとマリアだったっけ・・・
IMGP1345.jpg
IMGP1349.jpg
IMGP1354.jpg

近くには回復の泉も。ぱっと見HP削られそうな感じですが、大丈夫みたいですよ!汲んでる人もいましたし。
IMGP1357.jpg

あそこに上ったんだなぁと余韻に浸りながら、粟倉へ下ります。
IMGP1360.jpg


粟倉まで抜ければ、あとは智頭越えして一気に八頭まで。
走行距離140km。夏にしては結構な距離でした。
補給は飲料2リットルとアイス3本のみ。身体壊すぞ、オイ。


帰宅後、シャワーも浴びずにレーパンのまま庭でビールを。しかも瓶。極楽ですな。
いいルートだったなぁ・・・しかしちょっと距離が長いんで、次は粟倉までクルマで行って、あの辺りの高原ぐるっと廻ってみようかな・・・zzz
IMGP1364.jpg

突然、お肉焼くよ!と起こされて正気を取り戻します。寝落ちしてました
さて、しっかり補給しますかぁ!!!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





関連記事
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:自転車
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ktrin1109.blog.fc2.com/tb.php/17-0e2680cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。