-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-04 06:20 | カテゴリ:サイクリング
朝晩少し涼しくなって過ごしやすくなりましたが、
本当は夏が終わるのがものすごく淋しい!!!

そんな気持ちを抱いているサイクリストは私だけじゃないはずです。
少しでも涼しい朝のうちに走ろうと、ラジオ体操の小学生より早起きして出掛けた日々も終わりです。

休日の今日は8時に出発。真夏のサイクリングなら大遅刻ですが、通勤ラッシュの時刻に出発しても空気はまださわやかです。
今日はゴミ出しの日。平日の朝からレーパンジャージ、ドロハンに鳥取が誇るゆるキャラ、ナシータとカニーラのごみ袋を引っ掛けて自宅を出る私の姿をご町内の皆さんも見慣れたことでしょう。何人かとあいさつを交わします。
ところで、自宅を出た数分後に戻って再出発した私の変化に、気付いた方はいらっしゃったのでしょうか。

 1.玄関にボトルを忘れていた
 2.グローブを忘れていた
 3.心拍計を着けていなかった

全て正解。3は上級者向けですね。




今日は河原-津無-佐治ルート。
一度走った印象は車がほとんど通らなくて走りやすかったような…ほとんど忘れてしまってるのでもう一度走ってみることにしました。


印象的な地名ですね。何か言い伝えがあるんでしょうか。
上りの最中だからと脚を止めずにいると、あぁ、ペガサスが天に昇ってるのね…
とやり過ごしてしまうかもしれませんが、よーく見ると羽根なんてありません。
生えてるのは角、これはユニコーンです。

思い込みってコワイもので、ペガサスだと勝手に思ってたのは私。
ユニコーンなだけに大迷惑だったでしょうww

IMGP1442.jpg


津無地区には一面の梨畑が広がっており、ここが県下有数の産地だということがうかがい知れます。
私の実家も梨農家でしたので、当時は一家全員で袋かけや収穫をしてました。
ひと仕事終えてかぶりつく梨はウマいんだよなー。補給食にガリガリくんもいいけど、本物の梨も最高でしょうね。

道沿いのピットには、イカしたオープンミッドシップ2シーターが格納されてました。
IMGP1450.jpg


何やら細かい地図を持って覗きこんでいる人がいたので話しかけると、バードウォッチング中でした。
三脚に据えてあるのは望遠鏡で、この辺りでは鷹が見られることもあるそうな。脇には望遠レンズ付きのカメラも。
京都からいらっしゃったというこの方と、いい趣味ですね、お互いにねと
IMGP1454.jpg


定休日のアストロパークを通り過ぎて佐治中心部へ。


佐治町総合支所
よーく見ると、正面に置いている私のバイクを眺めている職員さんがいます。
近づいて話しかけると、同じキャノンデールに乗ってて、今年は50回自転車で通勤するのが目標だけど、ちょっと難しいかなぁと。
ここにもバイク乗りが!しかもキャノンデール!!
舞い上がってて、ロードかMTBなのか、どこから通勤してらっしゃるのかとか、聞き忘れましたwww

支所を撮ったのは、ダムを模して建てられたであろう全景を確認するためです。
誰かに聞いたわけじゃないけどそうですよね?
IMGP1457.jpg


次に向かったのは舂谷(つくだに)地区。
総合支所のすぐ近くにあるんですが、この地区の住民が佐治のマチュピチュですと自虐的に言うので行ってみました。

なるほど、車一台がやっと通れるかどうかの道が村落を縫っています。いろんな意味でマチュピチュとは違うと思いますが…
手元の勾配計は15~20%を表示してます。
短い距離なんで上れはしましたが、坂も一定の程度を超えると下りが怖い!

うっかりブラケットを持ったまま下り始めると、下ハンに持ち換えるのに一苦労です。



佐治川ダム
総合支所との類似点を見つけようと、上から撮影してみました・・・・似てるところが見つからん・・・

真下から見たら、きっとソックリなんでしょう!
IMGP1465.jpg

IMGP1463.jpg


新しいハンドルは基本的な形状がこれまで使ってたのと同じですので、特に違和感ありません。
違いが分からないとも言えますwww
強いて言えば、ダンシング時に多少、多少振りやすくなったかなと・・・
ダンシングはめったにしないんですが、久しぶりに見るコンタドールがあまりに軽快なダンシングをするもので真似したくなってw
イメトレをしっかりして試みますが、左右の動きが大きくなっただけのギッタンバッコンは相変わらずorz

それと、コンパクトハンドルの特徴としてハンドルの握り換えがしやすいようです。
上ハンからブラケット、下ハンへもスムーズに。
舂谷の下りも、このハンドルじゃなかったら今ごろ崖の下でグニョだったかもしれませんxxx

普段はほぼブラケットに手を置いてる私には非常に使いやすいハンドルです。
IMGP1469.jpg


おや、雲行きが…
IMGP1467.jpg



IMGP1472.jpg
やっぱり来ました。夏の終わりの夕立。
お寺で一休みして、雨脚が弱まったところで再出発。
しかしすぐに猛烈に降り始めますが、お昼には帰らないといけないので強行します!顔が痛いほどの降り様。
頭の先から尾っぽまで濡れてしまいましたが、用瀬まで下るとウソのような青空が広がってましたw



これで無事帰れると思ったら、郡家を過ぎたところでまたにわか雨、いや、局地的なスコールがzzz

ずぶ濡れになりながらこぎ続けていると、
突然、路上に線を引いたようにピタッと降り止みました!!

クロスバイクとフラットバーロードの境界線よりはっきりとしたその境目はまるで熱帯のスコール、
やはり鳥取は雪の降る亜熱帯なんだ と思わずにいられませんでした。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



関連記事
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:自転車
コメント(4) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ktrin1109.blog.fc2.com/tb.php/21-f3b49d05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。