-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-05-26 11:39 | カテゴリ:イベント
5月25日。

自転車に乗り始めたころはイベントとかレースには縁がないと思っていたんですが
気がつけばイベントカテゴリー記事ももう11回目。

中でも、山陰のサイクリストとして一度は参加してみたかった大物イベントが「ツール・ド・大山」。
このイベントをついに走る日がやってきました。
去年の雨天中止の分の含めて力一杯楽しもう!



今年の天気は上々♪むしろ暑くなりそうなとこが心配です。下痢で体力低下してるのでw

5時過ぎに起床し、ゆっくりと朝飯を食べて
UEFA杯決勝とトイレを往復しながら身支度を。延長戦のゴールラッシュ全部トイレタイム中だったw

自転車イベントに持って行く物リストにバイクって書かなきゃいけないくらいの段取り下手です(^^;

P5247118.jpg



カメラ持って無かったので文字のみで綴ります。


7時前に白兎ローソンに集合。
集まったのはTTさん、hayashiさん、o-tkaさん、H原さん、N川さん、ぐりおさん、マルコの7人。
おっし東部ライダーたくさんで心強い!

チーム系の4名様はhayashiさんのクルマへ。
ぐりおさん、マルコのインディペンデント系はN川さんのクルマに乗せて頂くことに。
ニッポンを代表するトランスポーターは流石に快適だ♪
2台に分乗して大山を目指します。 N川さんありがとうございます!




余裕の90分で博労座に到着。山陰道開通してさらに大山が近くなったのはいいですね。

駐車場にINしたら早速トイレに駆け込む!
うーんしかしまだ下腹部にいやなモヤモヤ感が…これが走行中に現れなけりゃいいのですが。

支度済ませたあとはカラダほぐす程度にユルーくアップしてスタート場所へ。
朝の7人にY本さん、H本さん、影武者sawadakeさん達も加わって東部勢も大所帯に♪
雑談しながらリラックスしてスタートを待ちます。


9時30分から30人ずつ1パックでスタートしていきます。

9時36分。私のグループのスタート時間。
同時スタートのぐりおさん、N川さんと最前列を陣取ってスタート!!カメラに写ったかな?
インディペンデント系も張り切って行きましょう♪イベントこそノーパンク、ノートラブルで楽しもう!


とりあえずスタートダッシュじゃないけど、第一アップとして単独で前の方に上がってみます。
近頃まともに乗っていなかったからか、なんだかカラダに一枚膜が張られた感じ。
今の強度が強いのか弱いのか分からないまま第一アップを終えて桝水のダダ下りへ。


前には先に出発したグループの人もたくさん居ましたのでここは時々ブレーキも当てながら安全に。
それでもここは70km/hは出ますねー。
あとで聞いたら、ぐりおさんはここで80㎞/hオーバーだったとか。相変わらずクレイジーだわ(;・∀・)





下り終わって左折。
ここからはしばし田園地帯のアップダウン区間。ある意味ツール・ド・大山はここからが始まりですね。

ここの左折までスタートから11分ちょい。
下り区間がゆっくり過ぎたかなと思いましたが予定通りのペースです。



予定通りのペース…
そう!一応目安とするペースがありまして、今日はそれをハンドルに貼りつけてきてるんです。

内訳はこんな感じ。
ポイントの名前は私の主観で付けてますので意味不明な個所もあると思いますがご容赦ください。
まあ私自身去年の試走以降来てないのでコースさっぱり忘れてますw


   坂下   0:12   桝水下り終えて左折するところ。さっきのとこです。
   学校前  0:40   日光小学校前。
   環状合流 1:00   奥大山からの環状道路と合流するところ。ブルーベリーファームの看板があるT字路。
   鏡ヶ成  1:23   第一CP回って来た道とクロスする辺り。
   頂上   1:28   コース最高標高地点。倉吉市との境。
   林道入口 1:48   長ーい下りを終えて林道区間へ左折するところ。
   林道頂上 2:00   林道区間終わり。
   船上左折 2:15   林道後、長い直線下りの突き当たりT字路左折するところ。
   船上CP  2:27   第2CP。試走のときはCPの場所よく分かってませんでしたので、この辺かな?とw
   一息合流 2:40   一息坂の上りへ合流するT字路。
   一息頂上 2:50   一息坂頂上。石碑のとこ。
   上り口  3:10   クライマックスの上りが始まる交差点。さぁいよいよツール・ド・大山のスタートです!w


途中もっと大事なスポットとかあるだろ!と自分でも思いますが
去年死にかけた試走のログから拾ったデータですので、自分自身も参考程度にしかしてないというw

要は博労座のアクチュアルスタート地点までを3時間10分、出来れば3時間くらいで辿りつければ
目標の3時間30分で走れるんじゃないかと。



とりあえず第一計測Pは予定通りクリア。
しばし田園区間アップダウンで第二アップをさせてもらいます。
そりゃ多少の勾配はあるけれど、この辺りはTdDで一番穏やかな区間ですね♪
左手に南壁を眺めながら自分のペースで。

ここは終始一定のペースで今日のリズムを作ります。
ペダルに掛けているときは勾配に関係なく、常に200wを目安に。
そして長丁場、なおかつ序盤なので240wは上回らない様に。

このペースを守っていけば大丈夫!タレることもないハズ。
でも気になるのが普段走ってるときと同じ強度なのに心拍が明らかに10拍は高い…
イベントだからテンション上がってるのか、病み上がりだからなのか
理由は分かりませんが体感では全然楽なので気にせず行きましょう♪


学校前も予定より少し余裕持って37分で通過。


少しすると、H原さんたち数人のパックに追い付かれます。
私より1分遅くスタートしたグループ。H原さんも調子良さそうです。

しばらくこのグループに着いていってみますが、速い!上りは終始4倍強。
頑張ればなんとか着いていける感じではありますが、これは私が想定しているペースじゃない
まだ序盤なのでここは自重し、これまでのペースに切り替えます。さすがにH原さんもマイペースに切り替えた模様。

ジリジリと離れていくフィブラパンターニさんとスパ6学生さん(以下スパ6くん)を見送って
丁度ペースの合うグリーンスコットさんとマイペースで。

鏡ヶ成までのクネクネ九十九折れ区間はこのコースでも私が好きな区間のひとつ。
終始220w前後で、勾配が上がるコーナーだけはちょっと踏んで。
上り応えもあって実に楽しい♪いや実に楽しい♪♪


いつの間にかグリーンスコットさんが後方に離れ
烏ヶ山展望台辺りでスパ6くんに追い付いてそのまま先行し第一CPへ。


初ツール・ド・大山CP。結構豪華♪
あんまりどっしりしたモノを入れるのが怖かったので大山おこわは自重。
昨日の夕飯が炊き込みご飯だったってのもあるw
ゆっくりとバナナ、梅干し、スポ羊羹を補給して出発です。

CP1周した後の交差点で1時間20分掛かってなかったかな?
とりあえず予定通りです。


上りに凄くキレのあるスパ6くんと最高地点まで上り、下り区間に入るとコーナーの先に先行する人影が?


今日も自走のdekiさん登場!w
我々がCPにいる間に追い越された模様です。
桝水から鍵掛峠‐奥大山経由のショートカットで来られたとか。dekiさんそのコースもたいがいじゃないかと…


地蔵の下りをのんびり下るdekiさんの後ろを安全運転で。
上りで出会わなくって良かったwww

じゃ真っ直ぐ下って帰るから!とdekiさんそのまま下って行かれました。
ありがとうございました!


私とスパ6くんは終始私先頭で地蔵から先をさらにユルく下り
スタートから約50km地点の林道区間へ左折IN。
ここで1時間40分ちょい。


林道区間の入りは緩斜面。
少しペースを落としてスパ6くんとしゃべりながら上っていきます。

しかしこの学生さん、圧倒的なパワー感はないけど軽々と坂を上って行きます。
彼は4倍くらいが一番気持ちよく上れるのかな?

勾配が強い区間ではきっと私のペースだとユル過ぎるだろうと思い
「行けたらいつでも行ってよ」と声を掛けて先行してもらい、それでも付かず離れず一緒に林道頂上まで。
この時点で10分近い貯金が出来ました。



下りは私が前に出て船上山区間に突入。
さあこっから先のアップダウンがジリジリと脚を削ってくるので心して行かねば!
なるべくどの勾配でも一定に掛けることで脚を温存。
少し攣りの気配が出てきたので決して踏んじゃダメだ。こっからはもう4倍も禁止!w


ゆったりペースで船上山CPへ。
バナナ、梅干し、水。

ここでhayashiさんキター!補給なしで通過されるhayashiさんに声援送って、我々スパ6コンビも出発。
さあ一息坂峠越えて一息つこう♪

弱いながらも一定ペースでつないで一息坂の合流T字路へ。2時間28分。
流石にペースユル過ぎるんじゃないかと思いながらも
相変わらず予定ペースよりも10分強の余裕があるので大丈夫そうです。


なのでもう無理はしません。
ここまで来て攣りたくありませんので一息坂も3倍程度でキコキコと。当然スパ6くんは先行。


上り終わった後の下り区間でそれこそ一息。緩い下りでスパ6くんをユルく追走です。

さあ、初参加のツール・ド・大山ももうすぐ終わります。いやもうすぐスタートです!w
まだ多少のアップダウンはありますが、もうアタマの中にはラスボスしかないという。


下り&アップダウンでスパ6くんに追い付いて第3CPへ。
エネルギーは十分ある気がしたのでここは梅干しとイチゴを頂きます。
こないだ嫁から聞いた話だと、イチゴはヘタの方から食べた方が美味しいんだとか。

まさか…。
どっちから食べようが どうせお腹の中に入るんだし…

ヘタから食べたら本当にウマい!w
酸味から始まって最後は甘味で終わる感じ。美味しかったので5粒ほど頂いてから出発。
スパ6くん、行くよ!ってまだ出発しないみたい…まあまた上りで追い付いて来るでしょうからお先に♪



博労座への上り口に到着。
まだ3時間も経っていません。そしてしんどいのはしんどいけど、気力も十分にある!
気を付けるのは攣りだけだw

ここで今日の3時間半切りの目標達成を確信。
さてツール・ド・大山のラスボス バクローザにiza!



キコキコ…



キコキコ…



まあ淡々と上るだけ。200wを切らないことを目安に。


今日のギア12-25T。まぁコレしか持ってませんが。
しかしこれだと勾配が地味に強まるところではケイデンスが60切ったりするので
やっぱりこの坂には27Tが欲しい…って現行11速27T無いじゃんw



同んなじ…


ずーっと同じだ。


今朝クルマで通った時に大体の距離感つかんだつもりだったのに
走ってみるとやっぱり全然分かんなくなるw

強度的には持つと思えるペースで走っていても
いつの間にかこの上りが早く終わって欲しいっていう気持ちが頭を支配しています。
景色も勾配もほとんど変わらないこの単調さが、この最後の坂の最大のキツさかもしれませんね。
路面に100m毎の距離表示でも入れたらこの坂の印象も大きく変わるかも。


そんなことを考えていたら
大山道路との合流地点が見えました!

いよっし!
最後はスパートらしきものでもして終ろうと軽く5倍踏みしてみたら


ピキーーーーーン とホンモノくさい攣りが両足同時に (;´∀`)


いけんいけん!キアリクキアリク。


やっぱりもう踏んだら駄目なくらい脚にキてましたw
ゲートくぐって、パイロンコースに入ってからもゆっくりで地味ーにゴール。


いや、念願のツール・ド・大山を目標の3時間30分で完走出来たんだから

ゴーーーーーーーーーーール!!!!!!!  としときましょう。



手元の計測タイムは…

ゴール後しばらく時計止めるの忘れてたので不明(・∀・)
公式タイムを待つとしましょう。



ガーミンのグロスデータも止め忘れてたけど多分これプラス補給タイムになると思います。
心肺的にはそれほどしんどさは無かったけど、今日はとりわけ心拍が高かったみたいw

20140525log.png




sholowsさん始め東部参加者も続々とゴール。みんな揃って攣ってる(;・∀・)

H原さんも無事ゴール!お疲れ様でした。N川さんも笑顔でゴール!試走の成果がありましたね♪

そしてぐりおさんもゴール!最近クライマー化してるんでなんか表情に余裕あるww
心配してたチューブラーのパンクは無かったようですが、別のネタがあったようで…そういえば本部で放送してましたw



ツール・ド・大山、コース、景色、運営ともに素晴らしい予想どおりのイベントでした。
参加された皆さん、運営にあたって下さった方々、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

来年ももちろん参加。
その前に逆周りの通称ジロ・デ・大山に挑戦してみねば!


走りは快調でしたが、走行中は国立公園に申し訳ないくらいオナラが頻発 (*´∀`)
そして終わってからのちゃんとした食事で刺激されたのか、夕方からトイレタイムぶり返してきましたw
どうやらお腹はまだ本調子じゃないようですが、頑張った日は5日ぶりのビールで慰労♪しかも瓶。

P5257120.jpg

今日は回復走も出来そうにないのでゆっくり休養します。


Please click this banner "Pochi-tto!"

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:自転車
コメント(18) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ktrin1109.blog.fc2.com/tb.php/229-e7ed4d91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。