-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-08 08:05 | カテゴリ:パーツ
秋の夜長に、タイヤを交換しました。

WH-7900-C24に装着しているミシュランクリリオンをコンチネンタルGP4000Sに交換です。

愛用してきたミシュランクリリオンは、安くて、そこそこ軽くて、ローテーションすれば6000kmは余裕なくらい長寿命で、パンクは1年に1回するかしないかってくらい耐パンク性が高いタイヤで、ロングライドのお供には最適のタイヤでした。ミシュランといえばPRO3(近ごろはPRO4)が定番で、このクリリオンは完全に日陰モノでしたが性能はなかなかのもの。今は廃番となって、PRO4エンデュランスがその性能を受け継いでいるようです。

しかし!!!一度GP4000Sを履いてみたら、価格以外のすべての性能で愛しいクリリオンを上回っていることが判明。
本格的な上りで少しでも楽しようと、手持ちの一番軽いホイールに軽量タイヤを付けることにしました。



BEFORE
CRCで投げ売りされてたんでイエローラインを買いましたが、コイツが意外に主張します。
IMGP1547.jpg

AFTER
黒は黒でビシッとしまりますねー。ドイツタイヤの質実剛健さを感じます。
ドイツと聞けばボリスベッカー(古っ)やオリバーカーンなど、ごつくて固いイメージですが、このタイヤは柔らかくて装着も容易です。
一方でシマノリムとクリリオンの相性の悪さときたら・・・あまりの固さに、最初26inchのタイヤ頼んだかと思ったほどwwwコツを掴むまでは苦労しました。
IMGP1549.jpg


タイヤ交換の途中にスプロケを見てふと考えます。

今7900-C24に付いてるスプロケが12-27。
内訳は12-13-14-15-16-17-19-21-24-27
最近メインで使っているEASTON EA90 AEROに付いてるスプロケが12-25。
内訳は12-13-14-15-16-17-19-21-23-25

ちょっとした坂や峠なら12-25で何とかなりますが(ゆっくりでも上り切るという私のレベルでの話ですが)、
激坂に挑戦するときやくたびれたときなんかは、やはり27のギアが欲しいものです。

この27あるいは28のファイナルギアは、使うと楽なのはもちろん、使わなくっても最後の1枚として残っているだけで安心w
これとコンパクトクランクの組み合わせはまさに鬼に金棒。
我ら貧脚サイクリストでも、よほど無茶しない限りはなんとかなるものです。ありがたや…
これでイッパイになったときの絶望感はハンパないですがwww



だけど、私の乗り方だと12-27はワイド過ぎるんですよね。インナー側3枚の21-24-27の3コマ飛ばしの落差があまりにも大きくて使いづらいといいますかwww
11-27、11-28とか、よく似たギア構成のスプロケも含めて。

確かにワイドなギアは、平地や上りもオールマイティにこなせて需要も多いのかもしれませんね。
どのグレードにもこの組み合わせが用意されてるくらいですから。

11-23や12-23といった、漢仕様のクロスレシオがあるように、
脚力に乏しいホビーサイクリストが上りを楽しむための軽めのクロスレシオのスプロゲが登場しないものでしょうか。

欲しいのは13-27。
構成は、13-14-15-16-17-19-21-23-25-27
これで決まり!!!
下りでトップが足らなくなるのは我慢します!


こんなの出してくれないかなー。
もちろん105かアルテグラで!



今日の1枚

漢字の耳をかたどったオブジェ。シュールです。
木の位置が左側なら、木耳(きくらげ)になったのに・・・なんて。
IMGP1534.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



関連記事
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:自転車
コメント(6) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ktrin1109.blog.fc2.com/tb.php/23-a7302b40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。