-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-05-24 22:29 | カテゴリ:イベント
5月22日。

山陰サイクリストの祭典、ツール・ド・大山に今年も参加して参りました。

個人的には今年で3回目の参加となるこのイベント、
今回は距離が15㎞延長されてなおかつタイム計測も無くなりましたので
去年までの自分と競うことはできそうにありません。


ならば原点に立ち返って、新緑の大山を満喫しようかなと!

本気でそう思ってスタートしました… 

しかし98㎞、2400m↑のネオTd大山はやはり甘くなかった…(;´∀`)



いつもの白兎ローソンに待ち合わせてhayashiさん号に粉さん、H原くんと乗り合わせて現地入り。

顔見知りの方々にご挨拶したりしながらスタートを待ちます。
タイム計測も無いからか例年以上にリラックスムード♪ ノーモザイクで行きます

P_20160522_082930.jpg

P_20160522_084338.jpg

P_20160522_084606.jpg

P_20160522_084710.jpg

P_20160522_084728.jpg



事務局のご挨拶では”とにかく安全第一で!”今年は特に念を押されます。肝に銘じて走ります!

P_20160522_085847.jpg



そして私の組は9時3分スタート!

粉さん、Sくんと同組なので間違ってもユル過ぎることは無さそうだw


大山寺から桝水にかけての上りはこれまでのTd大山イチのゆったりペースで入ります。
アドレナリンも出てない今日はこのくらいでいい感じですな。


桝水からのダダ下りも無理な追い越しもせず安全に自然落下。
速度ノリ過ぎないようにブレーキ当てながら…それでもここ72㎞出るんかw


さて、下ったとこで最初の田園‐森林のアップダウン区間。いよいよ今年の大山の始まりです。

まずはアップがてら平地も登りも適度に掛けて…
と先頭を牽く粉さんのペースについていくと何気に高強度。
さっきの下りまでは例年よりゆったりだったけど気が付けば例年以上の強度に(;´∀`)


Sくんと「ずっとこのペースだと持たんぞな」と話しながら少し緩めて粉さんをお見送り。
それでもイーブンで掛けて徐々に位置をアゲていくと 先にスタートしたhayashiさんやH原くんの背中が。
スタートから30分でこんなとこで追いついてはいけない人々に追いついてしまう…
イカンイカン…ともう一度ペースを作り直す。


小一時間走って鏡ヶ成のつづら折れ。
スイッチバックを繰り返すここの上りは相変わらず気持ちいい♪
ようやくカラダも動き出したのでここはリズム良く上ってそのまま第一エイドへ。


先行していた粉さん、ポンサクさん、ユニバースさんたちにここで合流。
梅干し、バナナ、大山おこわ、どら焼きとしっかり平らげてhayashiさん達とスタート。

粉さんグループとは少し離れてピークを越えて長い下り区間へ。

主催者の意向に沿って、コーナーでは十分な車間と安全マージンを取って標高を下げていきます。
大山は下りもダイナミックでサイコー!今日みたいにゆったり下るとなお楽し。


緩斜面まで下ったとこでユニバースさんとhayashiさんに合流。
向かい風の微下りを軽量級3人で回しながら、単騎で逃げる粉さんを追います!

下り区間は基本脚休めようと思ってたんですがここは踏むしかない!
1分くらいの長めのローテで回します…が…
ザンコーニばりのオーラ纏ってどんどん離れていく粉さんパネェ(;´∀`)


延長区間の下りも終わり、信号で左折。
信号無しという奇跡のコースだったTd大山についに信号が登場しましたが致し方ないですね。
でも見通しの良い左折信号ですので安全かつノーストレス♪やはり良く考えられたコースです。


下りが終わったとこで今度は船上山までのながーい微上り区間。
上りでは再び各自のリズムに戻ります。自力に勝るユニバースさんが強い!

一方で私は…下りで脚使い過ぎたのか掛かんねw
とにかくケイデンスは維持したいんですが
既に肺がやられているらしく軽いギアでさえケイデンスが80rpmまでしかアゲられません。
高強度で1時間半走っただけでこのタレっぷり…やはり普段やってないことはできませんね。

休みどころのないダラ上り…しかも結構勾配変化もあってもう大変。正直この辺が一番キツかったかも…
気を紛らわすのと攣り退散のおまじないにここでOS1ゼリー投入。
船上山麓の丁字路で従来コースに合流したときは「やっとここかいw」と思わず突っ込む(;´∀`)


ゼェハァで上っているとナゼか粉さんユニバースさんの背中が近づいてきた…
私はペース全然アガってないのに?と思ったら先頭のペースカーに合わせてペースダウンしとられました。
屏風岩見上げる付近で合流して、再度上りで粉さんユニバさんに引きずられながら第2エイド到着。
ふぅ…やっと休める(^^;

食欲はちゃんとあったので第2エイドでもしっかり補給して
ユニバースさんとここで合流してこられたHTCジャージさんの後追って出発。
神懸かり的な走りで2時間牽き続けた粉さんともここでお別れ。まさにザンコーニの引き際…


もう踏む脚は残ってませんでしたので
下りはサボって、一息坂の上りは200w切らない程度の省エネ走法で凌ぎます。
この辺まで来るとむしろ平坦が一番しんどいような… という具合に感覚がオカシクなってます。


第3エイドまではあっという間。
今年もさっぱりイチゴで目を覚まそう! の予定がイチゴ無かったので梅干しと水補充して最後の区間へ。

…と一歩踏み出したら左の大腿四頭筋がピキーン…ここでついに降臨。
これまでほとんど攣ったことのない前が攣るとは…
やはり前乗り(当社比)に変えたのが効いてるのか…
なんて考えながら揉んで叩いたらほどなく一旦退散してくれました。


レイクホテル前の田園区間もほどほどに抑えてラストの上りに到着。

ここでカラダの状態を確認。
気力も十分。意識もしっかりしている。脚は…4倍とか踏まなきゃダイジョブそう(;´∀`)
よし!今年のツール・ド・大山も終わった!w


あとは攣りの神を起こさないように細心の注意を払って回して

ゴール!!

延長した15㎞区間のお陰で、これまでよりも楽しく、キツいTd大山が楽しめました。


皆さんのゴールシーンに声援を送ってノーモザです

P_20160522_124535.jpg

P_20160522_125436.jpg

P_20160522_125110_1.jpg

P_20160522_130129.jpg

P_20160522_131035.jpg

P_20160522_131005.jpg

P_20160522_130950_1.jpg

P_20160522_132417.jpg

P_20160522_133603.jpg



アリバ、チーム鳥取、sholows、道場、東部勢で記念撮影。

P_20160522_132900.jpg



タイム計測無しでもTd大山は相変わらず面白くてキツくてサイコーでした!
参加者の皆さんお疲れ様でした。来年も新緑の大山を走りましょう!



Please click this banner "Pochi-tto!"

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


関連記事
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:自転車
コメント(6) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ktrin1109.blog.fc2.com/tb.php/458-68e78ba4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。