-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-06-17 23:45 | カテゴリ:イベント
遅ればせながら

6月12日。

第34回鳥取県サイクルマラソン~2016グランフォンド伯耆 に参加して参りました。
昨年に引き続いて今年も170㎞3300m↑の鉄人コースに挑みましたが

結果は



…鉄人ならず

サイクリスト人生初の痛恨のDNF (つД`) 悔しい!!!


140㎞のロングコースは走り切ったのでまあいいかと投了しましたが
ゴール後…帰宅後…翌月曜日…  日増しに募る後悔の念。

這うようなスピードでもいいから、やっぱり鉄人完走しておけば良かったなあ
そんな今年のサイマラでした。



以下、来年の鉄人完走のためにうろ覚えの展開を記録しておきます。

3時起きで4時30分にいつもの白兎ローソンに集合。
hayashiさん号にkeroroさん、84本さん、マルコの4人が乗り合わせて大山へ向かいます。
いつもありがとうございます!


東部勢の皆さんと駄弁ってから軽くアップ。
サイマラは距離、獲得標高ともに十分過ぎるのでほぐす程度に動かしてスタートラインヘ。


今回からはサイマラもTd大山と同じくタイム計測はありません。
毎年体力の限界と脱水、脚攣りとの戦いに終始するこのイベントにタイム計測はそもそも無意味。

さあ今年はどんなドラマが待ち受けているのか。今年こそ楽に走り切れるのか。
と期待に胸膨らませて7時3分にスタート!



スタート~序盤。

予定通りユルく入ります。
最初のダウンヒルを惰性で下って、旧ヒルクラコース逆走の上りも前のペースに合わせてのんびりと。
とりあえず私のスタートグループには顔見知りがいませんので
適当なパックに紛れ込んで先にスタートのアリバジャージ捕まえようかなと。


何個かアップダウンこなしていくと
見えた!妻木晩田手前でアリバジャージ捕捉。数人パックの先頭を牽く84本くんグループに合流。

84本くんとピンクのパンダニ風ジャージさんが牽引するこのグループは実に居心地がいい♪
ここに居座ることにしよう。
上り区間ではパンダニ風さんに先行してもらって、平坦区間をアリバ勢でカバーするという展開でいきます。
何気に84本くんの安定感あるルーラーっぷりが凄い。


ローテ回していたらこれまた軽快に先行していたH井さん捕捉してアリバ3羽体制に。
徐々に位置は上げていますがアゲ過ぎでもなく心地よい強度。
聞くとkeroro軍曹さんはさらに前で頑張ってるらしいので、まあ折り返しまでに追いつけたらいいなと
ボチボチ行っていたら、トラの方たちと先行する軍曹を赤崎エイド手前で捕捉w
どうやらパンダニ風さんの強めの上りで詰めたようです。



赤崎エイドにピットインした時点でもう我々が先頭グループになってました。
先急ぐでもなくバナナ、どら焼き、クリームパン、梅干しなどひと通り平らげているうちに
トラの方々やパンダニ風さん達が先にスタートされたらしいので
やはりパックで行った方がいいかと慌てて追走。
毎年こんなエイドステーションアタックが掛かるのもサイマラの醍醐味だw


一緒にエイドをスタートしたkeroroさんと前を追いますが
せっかくなので後ろのH井さんと84本の合流も待ってアリバトレイン組みたい!
上りでスピード落として後ろ振り返って「カモン!」アピールするも来ない(;´∀`) 自重してるのか…

そしたら平地で徐々にパンダニ風さんの背中が近づいてきたので
一旦合流してさらに前方のトラさんを追うことに。
今年は肥えてるからか平地が楽だぜ!その分上りが倍しんどいけど(;´∀`)


信号運もあってトラさん吸収。
トラさん曰く、前方のお二人に着いて行こうと思ったけど上りが強過ぎて千切れたとか。
うむ…これは危険極まりないな。無理して追いつくのは止めとこうw


てしていたら色々あって結局上りが強すぎる前のお二人に追いついてしまう
パンダニ風さんとトラさんとマルコの3人w

5人パックになって案の定…一気にペースが上がるw
ていうか上りでインターバル(個人的には)が掛かりまくる。
上りになるとダンシングでゴイゴイ行く皆さんに対して私は終始シッティング。腰アゲる余裕ありません。
勘弁してください(;´∀`)


何回かローテしていると、上りが強すぎる前のお二人のうちのお一人に
播中出てました?」と話しかけられる。
「出てました。 あ!あの時優勝したノザキさん!」

圧倒的強さで2チームが先行し、最後壮絶なスプリントで勝利をもぎ取ったチームノザキさん
かたや何とかチームの部3位に引っ掛かったヲッサンチームですので実力は全然及びませんが
覚えて頂いてただけで光栄です!


農高のアップダウンで既にハムがヒクつき始めてますが
とりあえず往路で醜態晒すワケにいきませんので無理して着いていきます。
もちろん私が先頭の時はコッソリ強度落としてw



どうにか関金エイド着。
ハムからは明らかに攣りの気配が漂ってますんでトップバリュのプアマンズOS-1ゼリーをここで投入。
固形物詰めるだけ押し込んで復路へ。
千切れたらそこで投了だ。


復路も同じ展開。
上りで腰上げられるとからっきし着いていけないけれど
ピークで離され過ぎなければ平地で挽回出来る。

それでもキツい!
結果的に上りで脚使って平地で牽くことになるんだから休むヒマがほとんどないw
まあ地力で2枚も3枚も上の方々と走ってるんだから当然のことでしょう。


でも大きな上りの無い復路の赤崎エイドまでは何とか凌ぐ。
ここで2本目のプアマンズOS-1ゼリー投入。さあ鉄人まであとたったの70㎞だw



赤崎エイドスタートしてこの脚には恐怖の七鳥ロードへ。
迂回路入って序盤の上りでそれまで我慢していた脚が一気に逝ったw

でもノザキさんコンビにもここの上りはそれなりに効いたらしく大きく離されずに済む。
パンダニ風さんはここで少し後退か?

しかしこの後の七鳥では橋からの眺望楽しむ余裕もなく既に出涸らし。
特に今年はマトモにロングやってないこともあって見事に100㎞脚露呈です。
去年はもうチョイ余裕あったと思ったんだけどなあ…


七鳥ロードのアップダウンでガッツリ脚削られた後は一転長ーい下り。
…とここでリズム変わったとこで両足ロック。辛抱していた攣りが一気に降臨w 

チーン…

下り区間は脚叩きながらなんとか凌ぎましたが
その後は定期的に襲ってくるタイマー式攣りとの闘い。これぞサイマラだw


白鳳の坂、妻木晩田、旧ヒルクラの上りで徐々に二人の背中が遠のいていって
何とかスタート地点へ帰着。

このゲートの右は鉄人コースへの入り口。左を選べばゼッケン回収されて投了。即ち鉄人成らず。


迷わず左へw
これにて今年のサイマラ終了。

地力よりも数段強い方々に着いていこうとしたお陰で気力体力ともに持っていかれてしまいました。
それでも充実感ある今年のサイマラでした。


ゴール後は体調不良でショートコースに変更したどりさんの顔見てホッとしつつ
あとはここで終了するか、果敢に鉄人コースに向かわれる皆さんのジャッジメントを見届ける。
やっぱりみんな葛藤しとるw



ゴール時点ではもう無理と思っていた鉄人コースでしたが
一息ついて我に返って、ダウン走での脚の状態を確認して、
復路の車中で満足げなkeroroさんと84本くんの表情見て…
一晩明けた月曜…火曜…水曜… 日毎に募る無念の思い。



チャリ人生初のDNFに終わった今年のサイマラ。肉体的ダメージよりも精神的ダメージが深い。
やっぱり鉄人完走しとけば良かったという思いで一杯です。


来年は鉄人第一目標で行きます!と早くも参加宣言しときます。
参加された皆さんお疲れ様でした。来年はみんなで鉄人になりましょう!



Please click this banner "Pochi-tto!"

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:自転車
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ktrin1109.blog.fc2.com/tb.php/463-a30074c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。