-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-07-17 16:30 | カテゴリ:サイクリング
7月16日。

3連休の初日、数日前からの予報に反してサイクリング日和。

今週のウイークデイは朝ポタ1回でしかも落車付きという体たらく…
おはサイと迷った挙句、ちょいと距離稼ぎのロングに出かけることにしました。


今日も自動運転でウラタンピからの若桜方面へ。朝は風がカラっとしてて快適至適。
しかしいつものようにハンドルに過重掛けると左肩と手のひらが痛ひ…
やはりそれなりに強打していたようで(;´∀`)

今日は後ろ過重の浅めポジションで行くことにします。
いつものポジだとガーミンに自分の顔が写り込むところが今日はメットのみ。
左手は添えるだけ…左手は添えるだけ…


今日はソロの長丁場。
先週のTCAサイクリングと同じくらいのユルさで休憩もところどころ入れながらのんびりと。


まだバイカーの居ない隼駅。

P7167845.jpg


一方で朝からバイカーで賑わう若桜道の駅はスルーしてディープ若桜へ。

P7167848.jpg



戸倉登り口の小舟に着。
丁度1本目のボトルが空になったので鳥取県側最後の自販機でドリン…
販売中ランプ消灯でお金受けつけてくれないorz

P7167854.jpg


…まあ干からびる程の乾きはないのでゆっくり上ります。


実際この日の戸倉峠は木陰は肌寒いくらい。

時間はたっぷりあるんで時折脚止めつつピークまで。
しかし今日の戸倉峠はバイク、車ともに結構多め。といっても数分に1台通るくらいですがw

P7167860.jpg


鳥取側ピークで47㎞。
ここ往復するだけで約100㎞稼げるなんて距離フェチには有り難いコースです。
でも今日はここは通過点。さあ兵庫側へ下ります。

P7167872.jpg



さていつものR29極上ダウンヒルを堪能!
したいとこですが、下ハン持つと肩と手のひらが振動拾って痛いのでブラケットに手添えて惰性ダウンヒル。
まあそれでも楽しいここの下り♪


とりあえず流しそうめんのとこの自販機でドリンク補給してから
音水湖まで長ーく下ります。

P7167873.jpg

もう朝そうめんやってました。

P7167877.jpg



引原ダムが作るダム湖、音水湖。
青空が出れば波賀ブルーの湖が見えるかなと期待しましたが残念ながらこの日はうす曇り。
でも私はこの高原の湖が好きだ。

P7167879.jpg

P7167906.jpg

P7167913.jpg


さてまたしばし下って、ここで右折。
R29からR429へ乗り換えて千種高原方面へ向かいます。

P7167931.jpg


5㎞程ダラ上りを上って鳥乢トンネルを越えて下ると千種の町。
粟倉へ抜ける志引峠への登り口でもあります。

麓のローソンで補給していざ志引へ。
序盤の集落の辺はユルいんですが、林道区間に入ってからは終始10%前後で
それなりの手応えある上り。
でもつづら折れと時折覗く眺望のお陰で単調さを感じさせない名峠(当社比)。
どうやらドライバーにも人気のようで、地元のおっちゃんの軽トラとオープンカーが半々くらいw


割とあっさりピーク。
走りに夢中になって写真撮り忘れた感もあり。志引峠、ご自身の目でお確かめください!

P7167932.jpg

P7167936.jpg



ピーク越えてすぐ左折するとお次は日名倉山はベルピールの丘への上りです。
ここは距離的には1㎞チョイの4級山岳なのですが、その大半が10%近いという結構なガチ具合。
そして兵庫側、岡山側のどちらから上っても、結果志引峠クライムの延長になるわけなので
その破壊力は相当かと。

それを踏まえてのんびり上ります。まあ90㎞走ってきた脚にはそれでもしんどい…

上った丘で待ってるのはこんな眺望。頑張って上る価値はあります。

P7167938.jpg

P7167966.jpg

P7167975.jpg

P7167972.jpg


さて、音水湖とベルピ。今日の目的は果たしたし、もう大きな上りも無いのであとは流して帰ろ。

帰りは大原‐西粟倉‐智頭コースで。あもちろんダルガなんて怖いとこ近づきません。

ベルピから大原までの高原微下りをノリノリで楽しんでいると
平坦基調のなんでもないところで”バシュン!” 瞬く間に後輪がぺったんこに。

P7167984.jpg


確認してみるとものの見事なサイドカット。チューブにも大穴w
間違いなくギャップとか異物を踏んだ感触は無かったので、裂け掛けてたとこの時限装置が作動したんでしょう。
しかしよりによって鳥取から60㎞ファーラウェイのソロサイクリングの途中で発動しなくても(;´Д⊂)


余談ですが、ロードに乗り出して7年目に突入。
実走で50000㎞は走ってると思いますが、パンクは今回で5回目くらい?
自分で言うのもアレですが割とパンクの神様に愛されてるほうじゃないかと思います。

なもので、神に護られている(と思い込んでいる)私が携行している修理キットは
 1.CO2ボンベ×1
 2.インフレーター
 3.タイヤレバー

以上。 パンクナメてんのか(;´∀`)



とりあえず、ウワサに聞いていたサイドカットは初の事態。
タイヤブートなんてもちろん無し。
そういえば、TT師匠がサイドカットの穴埋めにはガムテープ、無ければお札でも可と言っとられました。
お札…今日はグルメポタじゃないので1000円程度の硬貨とWAON。紙幣無しorz
ガムテープ…もちろんありません。近くの農家に分けてもらおうか…でも恥ずかしいし…


手元にあるのははCO2ボンベ1本のみ。これをしくじったら万事休すだ。

プランA 大原駅までの3㎞を押し歩いて、EVO号をポリ袋に入れて輪行…
プランB 仕事中の家内に電話入れて、仕事終わってからでいいから迎えに来てと頼む。報酬は弾むから…
プランC 言えない…


まずは落ち着こうとバックポケットまさぐると、ロングライドってことで珍しく持ってきた
井村屋スポーツようかんが。 これだ!

意識が遠のくくらい吸引してペッタンコにしてから二つ折りにして患部に挿入。

P7167988.jpg



その時は閃いた!と思ったんだけど作業してたら段々不安になってきたw

もう後戻りはできない…CO2ボンベ充填失敗したら終了だ。あとは人間力が試される…


しつこいくらい色々確認してインフレーター開放。南無三!


ぷしっ。

時が止まる・・・・



無事充填。

良かった…





…てスポーツようかんのパッケージが思いっきりこんにちわしてるけど本当に大丈夫なのかw
とりあえず精神衛生上良くないんで見ないようにして帰ろう。

P7167991.jpg



序盤100㎞までは快適な山岳サイクリングでしたが、そっから先の60㎞はもうストレスフリーの旅。
実際大丈夫なのかもしれませんがもういつパンクするか怖くて怖くて(;´∀`)


路面のギャップと小石に目を凝らし
やむを得ずグレーチングや段差を越えるときはしっかり腰浮かせて
そもそも帰りの道中はほぼ中腰でw

志戸坂トンネル歩道の段差と市瀬の迂回路の荒れた路面が怖かった。

P7167998.jpg



パンク以降は余裕なくほぼ写真も撮らず帰宅。

市内に辿り着くと155㎞。どうしてもセンチュリーポタにしたかったのでご近所ウロついて終了。
ありがとう!スポーツようかん!
次は最後まで楽しんでセンチュリーしたいもんです。

20160716log.png



でもあわくらDe愛バーガーはしっかり食べてたりするw
地元産米とほうれん草入りのバンズ、桃太郎トマト、ぎっちりレタス、鳥取産あごかつにタルタル
サイコーです。

P7167997.jpg



Please click this banner "Pochi-tto!"

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:自転車
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ktrin1109.blog.fc2.com/tb.php/469-f6fb209d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。