-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-04 20:37 | カテゴリ:パーツ
家内の実家に里帰りしました。

「鳥取空港で航空写真が撮りたい!!」
と言う甥っ子に連れ出され(近頃カメラにドハマり中)、早朝の鳥取空港へ向かったのですが、



吹雪きに見舞われる滑走路orz
P1030096.jpg

「悪天候のため、40分遅れで着陸します」
というアナウンスを信じて待ちましたが、
P1030090.jpg

結局、天候の回復しない鳥取空港を回避して、米子空港へ行ってしまった飛行機w
遊びで行って肩すかしを食らった我々はいいんですが、
発着便が無くなったお客さんは大変お気の毒でした…。



年初から思いっきり天候に振り回されましたが、
今年もサイクリング日和に恵まれることを心より祈ります!




さて実家方面はまだ雪降らず。
あんまり天気いいんで、納屋に眠る秘蔵っ子を外に出してやりました。


この青いフレームが我が家の秘蔵っ子
親戚から好きにしていいと言われてずっと保管しているこのフレームですが、
何も手を付けないままかれこれ4年くらい眠らせてしまってます。
P1030141.jpg


さてマジマジと見るのは私も久しぶり。
今回もブライアン・デ・パルマばりのカメラワークで舐めていきますw


クランク周りはこんな感じ。
当然のように53T(インナーは42T?)です。
当時は良く分かりませんでしたが、自転車にハマった今改めて見ると
この頃のパーツってやっぱり美しいですねー。
P1030142.jpg

STIレバー。
この7400系で導入されたのかな?
この丸いエムブレムを軸にレバーが回るゼィ!って感じの形状してますね。
仕上げも美しい………
P1030140.jpg

ブレーキの構造や造形は、現行と大きな違いはないような…気がします…。
P1030144.jpg

シートポストにもDURA―ACEグレードがあったんですね。
後ろに括り付けられてるのはスペアのチューブラータイヤ。
私がこの自転車にほとんど乗ろうとしなかったのは、このタイヤが一番の理由かもです。
P1030133.jpg


タイヤホイールは650Cサイズ。
当時のトライアスロンはこれが主流だったようですね。

ZIPPのカーボンホイールにTUFOのタイヤ!
クロスバイクに乗り始めたばかりの私にそんなもの見せられても???でしたが、
今はヨダレが出ますw
P1030131.jpg

エンド周り。
細いハブが猛烈に美しい!!
ギアは8速。12-21Tが入ってました。
ノーマルクランクと、このギアで上るのか……?
P1030137.jpg


そしてフレームです。
鳥取市にある本城サイクルワークさん謹製のクロモリフレームです。

各チューブがきれいに溶接されています。
ダブルレバーの穴がふさがれてケーブルガイドになっていますね。
P1030132.jpg

ロゴはペイントでなく、カッティングしたシールが貼ってあります。
P1030148.jpg


持ち主曰くパーツは7400系とのことですが、
調べてみた感じクランクは7700系っぽいんで、7400系と7700系のミックスってとこでしょうか。
これからもう少しこの秘蔵っ子のこと調べてみます。


しかしマジマジと見ると、無茶苦茶かっこいいし、まだまだフレームもピッカピカ!!

これまでホイールのサイズとチューブラータイヤってことがネックになって乗らずにいましたが、
見れば見るほど乗ってやりたくなりました。


春までに650Cのクリンチャーホイール組んで、こいつとサイクリング行くぞー!


P1030130.jpg



Please click this banner "Pochi-tto!"

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:自転車
コメント(10) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ktrin1109.blog.fc2.com/tb.php/61-17651366
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。