-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-23 22:07 | カテゴリ:パーツ
クランク変えました。


これまで愛用してきたのはFSA Gossamer BB30
完成車から交換することなく2年間使いました。いままでありがとう。

もう出番はないかもしれませんが、クリーナーできれいにして保管しておきましょう。
P3211632.jpg

このクランク、入門用グレードの完成車に割とよく組まれてます。
ってことはメーカーへの卸値はかなり安いんでしょうね。

一方で単体購入となると結構なお値段がするみたい。
なんか価格設定間違ってる気がしますが、お金出してコレを買う人は少ないでしょうね。



そして巷の評判だとお値段以上とはいかないのがFSAクランクのかわいそうなところで
なかには購入と同時に他メーカーへの交換をススめる方も。


よく書かれているフロントの変速についてですが、私が使う分には十分な性能でした。
変速性能だけをとってシマノ製品と比べるのは酷ってもんです。


確かに、トレック号の105の変速と比べると
特にアウターに持ち上げるときのヨッコラショ感は大きいかな・・・。

それでも33km/h以上にならないとアウターは使わない私の走りだと
そもそも下り以外でアウターにブッ込むことがほとんどありません。
下手すりゃアウター使わない日もありますw
トルクが掛かった状態で変速する機会がないので、走行中のチェーン落ちもほぼ経験無し。


さらにリアの変速に関しても。
シマノ製はトリム操作をさほど必要としないというか、結構ワイドに使っても許容範囲が広い感じですが
FSAだとチェーンラインが少し斜めになるだけで簡単にガイドに干渉してしまうので
割と頻繁にトリム操作が必要です。

ちゃんと調整すればもう少し改善するのかもしれませんが、
こういうものだと割り切っているのでこれも無問題。


上りで踏んだりダンシングをすると異音が鳴ることがあって一度だけ点検に出しましたが、
グリスアップをして貰ってからは絶好調。

重いとか、剛性が足りないとか、見た目がイマイチとかいったゼータクな不満も無く、
このクランクのお陰で快適なサイクルライフを満喫してまいりました。



そして約10,000km乗ってきた感想。

ゴッサマー非常に高性能です。 特にお気楽系サイクリストには

何を今さらw
トップメーカーの製品ですから当たり前です。

ただ、もっと快適な操作感や重量的な軽さを求める方には別の選択肢があるってことなんでしょう。




ゴッサマの魅力を見直そう運動みたいになってきました。
いや確かにイイんです。性能的には交換する必要ないくらいに。



で、変えた理由は

いっぺんカーボンクランクに変えてみたかった。 しかも安く

なぜかカーボンのレーシーかつ高級なイメージは男心にグッときます。
同じ炭素の結晶が女性を魅了するようなもんです。違うか。


実はスパ6買った当初からSL-K LightとかK-force のレーシーな見た目に惹かれてたんですけど、
やはりFSAのカーボンクランクはビギナーがおいそれと手を出せるような価格でもなく・・・。
定価で買おうもんなら6700系アルテがほぼグループセットで揃うような代理店の値段設定w

そんな折、ショップから完成車外しの逸品が現れたワケで。




欲しい・・・

ガラスケースの中のクランクを手にとって、カーボンと金属の組み合わさった造形にうっとりする私は
まるでトランペットを眺めるジミー。

ガラスに映る自分に問いかけます。

「今月は手組みホイール組んで、シューズも新調したばかりだゾ・・・そんなに散財していいのか?」
  
「いや・・・いいワケない」

「自動車税と固定資産税払えるのか?」

「納付書見てから考える・・・」

「中小企業のサラリーマンにアベノミクスの恩恵なんてあるのか?」

「ない・・・」


数日間葛藤した挙句、ついにショップに交換を依頼しました。

鳥取道開通イベントに集まった皆さんの機材で目の保養した翌日、もうガマン出来なくなったというww





そして交換。完成車外しなので新品。
確かこれもFSA製・・・だったはず・・・
チェーンリングは1世代前のSRAM RED。多分新品じゃ買えてません。
P3211629.jpg



他のコンポはシマノ、しかもオール105という庶民仕様ですんで
ニッポンの中小企業に外資系エリートみたいな場違い感が漂ってますが、
少しズレてる方がかえって愛着が湧くってものです。
P3211631.jpg



浮くかなーと心配してたグロッシーグレーっぽい色も意外に違和感なく収まってますし。
ナゼかボトルケージが一番SRAMっぽいデザインですねー。
P3211628.jpg



cannondaleロゴとちっちゃいcが無数に散りばめられたクランク。
カーボンだからcなのか・・・いや違う。
BB30規格でこんなデザインじゃあ合わせるフレームは限られちゃいますねー。完全にキャノ乗り限定だw
P3211630.jpg



愛車もこの春で3年目に突入。
ホイールこそ変えたけど、後はサドルやシートポストやハンドル周りなど上半身ばっかり。

これまでコンポを交換するってことにはそんなに興味が湧かなかったんですが
ついに下半身にメスが・・・しかもMAX200wの私のパワーを伝える大事なところに!!
ただでさえ非力なので少しでも効率よく伝えてくれるとうれしいですねー。



少し乗ってみた感想を。

ケイデンスをぐっと抑えた山ポタと朝のちょい乗りだけですが、
ペダリングの感触、変速性能ともに体感できる違い無しw

多少は軽快になったかなーという気がしないでもありませんが、そんなのはプラシーボでしょう。
多分アウターが電動ノコの刃に変えられていても気付かずインナー回し続けると思います。見た目似てるし。

乗り手が鈍感なので回した感じの軽さはよく分かりませんでしたが
重量的には200g程度は軽くなってると思います。


ダラダラと書いてしまいましたが結局あまり違いが分からなかった という・・・


それでも見た目も変わって気分一新。
気持ちもバイク重量も軽くなったので大成功v
P3231674.jpg


乗り込めばもう少し違いが分かってくるかもしれないので
これまで不遇を託ってたこのクランクをいろんなトコに連れていってあげましょう!

Please click this banner "Pochi-tto!"

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:自転車
コメント(7) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ktrin1109.blog.fc2.com/tb.php/85-bc20482a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。