-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-29 00:13 | カテゴリ:サイクリング
4月28日。
かねてから行きたかったツールド大山の試走に出掛けてまいりました。

今日はクワトロNくんもご一緒してくださることになり頼もしい限りです。
お互い初のツールド大山に向けて、コースとかポイントとかバッチリ予習しときましょー!


事前に計画を立てることが大の苦手のチームクワどりマルコ、いや私w、
ほぼ予習ゼロで来てしまったのでスタート地点さえ分かりません。

最初の聞き込みに失敗し、昔のスタート地点だった大山ホワイトパレスに案内されて
イキナリ出鼻をくじかれる・・・w
結局博労座の観光案内所で「スタート地点はここだよ!」と教えてもらってようやく10時にスタート!

サイコーの猛天気!!
こっからはサクサクと行きましょー!
P4282273.jpg

出発してすぐ、賽の河原の橋をカメラを弄りながらわたっていると、
縦溝に前タイヤを取られて



落車orz

イタタ・・・

橋の欄干に肩と胸を強打してモンゼツ・・・


出発して数100mで再び出鼻を(ry
ごめんねクワトロくん・・・


気を取り直してスタートw
アップがてらユルユルと大山寺-桝水高原のアップダウンをこなし、
リフト前の下りでブレーキを掛けると、


・・・キーーーーーー!!!・・・


行楽客で賑わう桝水高原に
断末魔のようなけたたましいブレーキ音が響き渡りますw
クワトロくんは自分のブレーキ音かと思ってキョロキョロ。

あわてて桝水のT字路に停まり調整。
さっき前タイヤ取られたときにズレてたようで、ホイールを装着し直すと鳴りは収まりました。


もう完璧。
今度こそ気を取り直してGo!!


大山HCで通ったコースを上ります。

Why大山HCのコースを?
P4282283.jpg



一の沢で1枚。

い、一の沢?
P4282279.jpg


二の沢でも一枚。

ナゼに二の沢で?
P4282287.jpg

まさかの三の沢でも。もう後戻りできません。いや思ってもみませんでした。
P4282289.jpg



クワトロくん、こっからは未知の道だね(・∀・)♪

などと話しながら、鍵掛峠へのダウンヒル!

ツールド大山を走る方には全く関係ございませんが、
三の沢から鍵掛峠へ下るサイクリストの皆さま、
ここの下りはカーブが結構深くってカナリデンジャラスなので気を付けましょー!(・∀・)



・・・そうです。その通りです。
桝水高原から豪快に道間違えて、豪快にショートカットしていましたorz
ブレーキ音に気を取られて、路面表示を見過ごしていたのでしょう。
クワトロクンホントゴメン。


まぁこの時点ではそんなことに全く気付いていない我々。
見事な南壁の姿に大満足ですv
P4282293.jpg


そっから奥大山をさらに下り、いつの間にか正規コースに合流w
P4282294.jpg


豪快に下ったあとは、鏡ヶ成へ向けてもう一度上ります。
P4282295.jpg

この直線を過ぎると
斜度が緩むことないウネウネ坂道が数キロに渡って続きます。

どこまでだ?まだのぼるのか?きつくなるのか?緩むのか?
いろいろ想像しながら飽きることなく上れます。
初めてならではの楽しみ方ですね。


鏡ヶ成に到着。ここが第1CPみたいです。
P4282297.jpg

ここからもう少し上り、倉吉市との境あたりで本日の最高地点へ。標高997m。
ただ走ってるときはここがそんなに高いって感じはしませんでした。


そして再びダウンヒル。
とりあえず地蔵峠まで一気に。
P4282300.jpg

地蔵峠から遠くに見渡せるのは海?
そしてはるか下界にちっちゃく見えるのは東伯牛の牛舎?
なかなかの絶景ですなー。
P4282298.jpg


さらにさらにアホみたいに下ると、左手にはさっき上から見下ろした牛舎が。
こんなトコまで下ろされるとは・・・恐るべし、ツールド大山!!




コースの半分ほど走ったところでようやく分かって来ました。

アホみたいなダウンヒルのあとには帳尻合わせのヒルクライムがある。
それがツールド大山だ。



平地の田園地帯を左折して、今度は船上山方面への林道HC!!
P4282305.jpg
P4282306.jpg


まるで県東部の杉林の中を上っているようでした。
やっぱりこういう林道は面白いですねー。
P4282310.jpg
P4282320.jpg


林道の頂上で仲良く羊羹を頬ばり、
もう一回下らされたあとは、もう一回上らされます。もう慣れましたよw



途中で効果的に補給すればシングルボトルでも大丈夫そうです。
そのためには補給ポイントも抑えておかねば。
タンポポが咲いているところに自販機があったので覚えておくとしましょう♪
P4282329.jpg



そして船上山。
屏風岩がスゴかった。ひょっとして見たの初めてかもしれませんw
P4282336.jpg
P4282338.jpg
P4282339.jpg
P4282340.jpg
P4282347.jpg

私が写真撮ってる間にどんどん先へ行ってしまうクワトロくんw
待ってくれぃ!
P4282343.jpg


せっかく上った船上山をもう一度くだり、香取開拓村を経由して一息坂峠への上り。
あ、ここは去年の夏に来たことがあるぞ。
もう終盤だ。ぼんやりながら、博労座までもう少しだと思えてきました。

一息坂峠で一息。最後の休憩です。
P4282355.jpg

最後にもういちど標高300m台まで下ろされて、
ツールド大山最大の難所と呼ばれる暴力的な3km超の上りが。
P4282358.jpg


確かに終盤にこの坂はキツいです。ずっーーーと9~10%程度。
でもこの坂の本当のキツさは斜度でなく直線にあるんでしょうね。

同じ斜度でも、普通コーナーなどがある峠道などの上りでは
そこで緩急をつけたり、適度にダンシングを入れてリフレッシュ出来るポイントが必ずあります。

でもこの上りは直線で単調で、何かをするポイントがありません。いやする気が起きないと言うべきでしょうか。
これから上る道をマザマザと見せつけられる視覚的なキツもあるんでしょう。


ほら、一定のペースで回しているハズなのに、心拍が段々アガってきたw
キツイけど、終始19T固定で押し切ってきたのでここは最後までガマンして。
ミシミシのフミフミでどうにかゴール!!!!


ゴール・・・・・だよね?


途中からどうもオカシイと思ってたんですが、1周したハズなのに

距離70km、獲得標高1900m

十数キロ、300m足りませんw



ゴール地点で同じ頃ここに上ってきたサイクリストの方に聞いてみると、

ひょっとして、HC大山の方の道に行ったんじゃないか?
 
 桝水から一旦下りて農免道路上ってくるのが正規のコースだで」



そのとーりです!!

ゴール後に全てのナゾが解けました。

今回のコースでもお腹一杯でしたけど、本番のコースはもっとキツいってことですねorz


正しいコースを教えて下さった3人の方々は倉吉から自走で来られたという健脚さん達。
ツールド大山当日にまたお会いしましょうとガッチリ握手を交わして別れました。
P4282361.jpg


でもしかし、穏やかな晴天に恵まれた初めての大山1周は最高に楽しいサイクリングでございました。
クワトロくんいつもありがとう&コース間違えてゴメンw
ツールド大山当日も楽しみましょう!


当日までにもう一回「真・コース」行っとくカナw



Please click this banner "Pochi-tto!"

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:自転車
コメント(13) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ktrin1109.blog.fc2.com/tb.php/99-30a476c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。